院長紹介

院長紹介

総合内科専門医として、またリウマチ専門医として、さらに心療内科医、在宅医という4つの診療領域を持ち、年代、性別にかかわらずさまざまな患者さまをこれまで診て参りました。専門医が診察を行い、また治療を進めていくということの前に、私自身とても大切にしていることがあります。それは、患者さまと一緒に相談をしながら、そして患者さまご自身に納得していただきながら治療方針を決めて行くことです。まずは患者さまに安心感を持っていただき、そのうえで治療を進めていく、すると不思議なことにつらさがより軽減することがあるのです。特にリウマチなどの病気は、一生お付き合いしていく病気です。その病気とお付き合いしていく中で、患者さまご自身のやりたいことをお聞きし、その目標に向かって治療を行う、そんな風に患者さまと歩調を合わせながら診療、また治療を行っています。
地域密着型のクリニックとして、身近で安心感のある医療を地域の皆さまに、また在宅で受けていただきたいという想いと、専門医として高度な医療を患者さまに受けていただきたいという2つの想いで日々患者さまと向き合っております。当クリニックの名前でもある「アカラ」は、ハワイの言葉で「太陽」をあらわします。当クリニックが患者さまの心や身体を照らせる、またあたたかくするそんな心のこもった治療ができたらと思っております。身体や心のお悩みや不安、どうぞお気軽にご相談いただければ幸いです。

日本内科学会総合専門医 日本リウマチ学会認定専門医 医学博士
院長 福田 真 (フクダ シン)

略歴

1979年 千葉県生まれ
2004年 3月に弘前大学医学部医学科卒業
同年 4月より茅ヶ崎徳洲会総合病院(現:茅ヶ崎徳洲会病院)にて初期臨床研修
2006年 4月より湘南鎌倉総合病院総合内科にて後期研修
2008年 2008年度内科チーフレジデント
2009年 4月より東京医科歯科大学医学部附属病院膠原病・リウマチ内科に入局しリウマチ膠原病診療に従事
湘南鎌倉総合病院総合内科・リウマチ科非常勤
武蔵野赤十字病院膠原病・リウマチ内科非常勤
2011年 4月より信愛クリニック非常勤医として勤務、心療内科診療開始
2014年 3月に東京医科歯科大学大学院博士課程修了
同年 4月より医療法人社団奏愛会に入職、信愛クリニック常勤医として勤務
2016年 4月、アカラクリニック開院

リウマチ科の専門医として

リウマチは、女性に比較的多く発症し、その年代も10代~50代と幅広いのが特徴です。
主訴は「関節が痛い」「痛みが強くて日常生活を送ることが難しい」ということ、当クリニックではまずこの「痛み」を和らげる治療から行っていきます。ひとくちに「薬物治療」と言っても、リウマチの治療において、副作用などの観点からその薬物使用の仕方には注意が必要とされています。
使用する薬物の種類もかなり多くのものがあり、それぞれメリット・デメリットが存在します。それを踏まえたうえで適切な薬物投与を診断するためには、豊富な知識と幅広い臨床経験が求められます。
当クリニックでは、その二つを兼ね備えた医師が患者さまの症状に合わせてじっくりと、時間をかけて専門的な治療を行っていきます。また治療についても丁寧な説明を心がけています。
「他の診療科で診てもらってもなかなか良くならない」とお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度専門医の診療を受けていただくことをお勧めいたします。

リウマチ

病院というのは患者さまにとっては「非日常」であると思います。
できるだけかかりたくはないけど、どうしても必要で来なければならないところ、それが病院ですよね。一方で私たち医療従事者にとって、病院はまさに「日常」です。
そのギャップが患者さまとの心の隔たりにつながってしまうのだと感じています。
私たちはそのギャップを埋めるべく、患者さま側で物事を考えるといったことを日々意識しながら、地域に密着した医療を広げていきたいと思います。

リウマチ